メニュー

小さな命を救いませんか?
相談員
募集します

こうのとり
こうのとり

皆さんご存知ですか?

児童虐待の一番の犠牲者は
0歳の赤ちゃんであることを

年間20万人の赤ちゃん
中絶によって命を落としていることを…

こういった状況を改善するため新生児の特別養子縁組という制度があります。

こういった状況を改善するため新生児の特別養子縁組という制度があります。

しかし、日本において新生児の養子縁組成立件数は年間わずか100件ほど・・・
一方で、晩婚化や不妊治療増加の問題もあり、里親のニーズが高まっています。

実際は年間で2万件程度のマッチング潜在需要があるのです。

そんな特別養子縁組を支援する
“インターネット赤ちゃんポスト”
とは?

NPO法人全国おやこ支援福祉センターが
運営管理している
「インターネット赤ちゃんポスト」は、
子どもの命を守ることを
重要な目的として活動しています。

やむを得ない理由で子供を育てられなくなった
「わが子を養子に出したい母親」と、
病気や年齢などの理由で妊娠できず、養子を欲する
「里親になりたい人」の
マッチングを行います。
予期せぬ妊娠をした親に対する相談業務や、
子育て支援も行っています。

マッチング実績

年間養子縁組あっせん件数の実績は毎年増加しています。
平成29年(2017年)には現在までに
28件の実績があります。

マッチング実績グラフ マッチング実績グラフ

小さな命を救いませんか?

相談員を募集します

こうのとり

業務内容

家庭訪問

家庭訪問

里親候補者の中から 上位3~5組程度を家庭訪問し、最終決定します。

実親面談

実親面談

様々な事情で子どもを育てることが出来ない妊娠中の方や、既に出産された方からのご相談を受けます。

引き渡しの
立ち合い

立ち合い

実親が出産し、退院日が決まれば、場所や時間などを調整し里親にベビーを引き渡します。

新規開拓業務

新規開拓業務

WEBでの募集(ブログやツイッターの活用)、ポスター貼り付け依頼、里親募集セミナーの開催などの業務も行います。

特に大切なのは実親面談です。

相談員という正式な資格を持った者が面談します。

相談員とは?

面談では、専門的にきちんとお話を聴き、
赤ちゃんと実のお母さんに
より適切なサポートを行う必要があります。
その正式な資格が
認定養子縁組相談員資格です。

※運営パートナーになる場合、
必須の資格となります。

相談員が足りていません

しかし、相談員が現状足りていません。

そのため、現在資格受講者を募集しております。

小さな命を救いませんか?

相談員を募集します

こうのとり

NPO認定養子縁組相談員資格の魅力

赤ちゃんを虐待から守る

赤ちゃんを虐待から守る

全国の相談員によって特別養子縁組が身近になることで、赤ちゃんが遺棄されたり虐待されることを防ぐことが出来ます。

中絶以外の「命をつなぐ選択肢」

中絶以外の
「命をつなぐ選択肢」

養子縁組里親の希望者は全国に約2万~3万組います。 有資格者の活躍でより多くの特別養子縁組がまとまれば中絶されている赤ちゃんに「命をつなぐ選択肢」を提供できます。 年間中絶20万人のうちたった1%で2000人の赤ちゃんの命を救うことが出来ます。

税金の無駄遣いを辞めさせる

税金の無駄遣いを辞めさせる

児童相談所が乳児院に1人の赤ちゃんを委託すると「年間680万円」の費用が掛かります。この費用は「税金」です。「税金」でまかなわれています乳児院では、スタッフが交代でお世話することで、赤ちゃんはだれが親か認識できず「愛着障害」をおこす原因になると言われています。 新生児のうちに特別養子縁組で里親委託をすることによって社会的費用を減らすだけではなく赤ちゃんの愛着障害を防ぐことができます。

        

資格取得について

資格取得までの流れ

お申込
次へ
WEB受験
次へ
WEB受験
次へ
資格取得

今後の流れ

2018年1月
次へ
2018年3月

有資格者の10%があっせんに従事した場合、一人の有資格者によって年間10件の新たな養子縁組が成立すると想定しています。

           

今なら!

資格取得費用が7,000円が
3,500円で取得できます。

こうのとり

興味がある方、より詳しく知りたい方
まずはお問い合わせください。

お問合せフォーム

下記よりお申込みください。
お電話にて詳細をご連絡させていただきます。

企業名

例)株式会社おやこ

お名前*

例)窓口 タロウ

ふりがな*

例)まどぐち たろう

郵便番号*

例)1410021(半角)

ご住所*

例)東京都品川区上大崎2-15-19

建物名

例)MG 目黒駅前

年収(年商)*
メールアドレス*

例)example@co.jp

お電話番号*

例)0312341234(半角)

ご連絡希望日*
第一希望
ご連絡希望日*
第二希望
ご連絡希望日*
第三希望
その他

例)ご興味を持たれた理由など

利用規約ならびに個人情報の取り扱いについて

■ 目的
当サイトは、NPO法人全国おやこ福祉支援センター(以下、「当団体」といいます。)が運営しており、複数の掲載企業に対して資料請求を行うことを目的とし、お客様の利用については無料です。

■相談員について
1. 「相談員」とは、当団体が定める手続に従い本規約に同意の上、入会の申し込みを行う個人または事業主をいいます。
2. 「相談員情報」とは、相談員が当団体に開示した相談員の属性に関する情報および相談員の取引に関する履歴等の情報をいいます。
3. 本規約は、すべての相談員に適用され、登録手続時および登録後にお守りいただく規約です。

■相談員の登録について
本規約に同意の上、申込みをされたお客様は、所定の登録手続完了後に相談員としての資格を有します。お申込みは、相談員となるご本人が行ってください。代理による登録は一切認められません。なお、過去に相談員資格が取り消された方やその他当団体が相応しくないと判断した方からの相談員申込はお断りする場合があります。

■相談員情報の入力について
相談員登録手続の際には、入力上の注意をよく読み、所定の入力フォームに必要事項を正確に入力してください。相談員情報の登録において、特殊記号・旧漢字・ローマ数字などはご使用になれません。これらの文字が登録された場合は当団体にて変更致します。

■相談員情報の変更について
1. 相談員は、氏名、住所など当団体に届け出た事項に変更があった場合には、速やかに当団体に連絡するものとします。
2. 変更登録がなされなかったことにより生じた損害について、当団体は一切責任を負いません。また、変更登録がなされた場合でも、変更登録前にすでに手続がなされた取引は、変更登録前の情報に基づいて行われますのでご注意ください。

■退会について
相談員が退会を希望する場合には、相談員本人が退会手続きを行ってください。所定の退会手続の終了後に、退会となります。

■相談員資格の喪失及び賠償義務
1. 相談員が、相談員資格取得申込の際に虚偽の申告をしたとき、通信販売による代金支払債務を怠ったとき、その他当団体が相談員として不適当と認める事由があるときは、当団体は、相談員資格を取り消すことができることとします。
2. 相談員が、以下の各号に定める行為をしたときは、これにより当団体が被った損害を賠償する責任を負います。
(1)相談員情報を不正に使用すること
(2)当ホームページにアクセスして情報を改ざんしたり、当ホームページに有害なコンピュータプログラムを送信するなどして、当団体の営業を妨害すること
(3)当団体が扱う商品の知的所有権を侵害する行為をすること
(4)その他、この利用規約に反する行為をすること

■相談員情報の取扱いについて
1. 相談員の個人情報は、資料請求及びその対応、商品の販売告知、セミナーの申込受付・セミナー告知等を当利用規約に従って適切に実施するために利用します。
2. 当団体は、相談員の個人情報をメールマガジンなどによる情報提供を行うために利用します。相談員が情報提供を希望しない場合は、当団体所定の方法に従い、その旨を通知して頂ければ、情報提供を停止します。ただし、本サービス運営に必要な情報提供につきましては、相談員の希望により停止をすることはできません。
3. 当団体は、相談員が資料請求サービスをご利用された場合、氏名、電話番号、住所、希望時期、予算などの項目をご指定いただいたサービス提供事業者様からご回答していただくために同者に提供します。
4. 当団体は、相談員の個人情報の取扱いを委託することがあります。委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
5.登録いただいた相談員情報は、メルマガ配信やイベント・新商品告知などにおいて、当団体運営サイト内で相互利用をさせて頂く場合があります。
6.相談員の個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等のお求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
7.個人情報の入力は任意です。ただし、任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
8.クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。
9.資料請求する事で相談員情報登録完了です。

NPO法人全国おやこ福祉支援センター
個人情報保護管理者
TEL:03-3248-0975
受付時間:平日 午前10:00~午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

■禁止事項について
本サービスの利用に際して、相談員に対し次の各号の行為を行うことを禁止します。
1. 法令または本規約、本サービスご利用上のご注意、本サービスでのお買い物上のご注意その他の本規約等に違反すること
2. 当団体、およびその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねること
3. 青少年の心身に悪影響を及ぼす恐れがある行為、その他公序良俗に反する行為を行うこと
4. 他の利用者その他の第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為を行うこと
5. 虚偽の情報を入力すること
6. 有害なコンピュータプログラム、メール等を送信または書き込むこと
7. 当団体のサーバその他のコンピュータに不正にアクセスすること
8. 相談員情報を第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること
9. その他当団体が不適切と判断すること

■サービスの中断・停止等について
1. 当団体は、本サービスの稼動状態を良好に保つために、次の各号の一に該当する場合、予告なしに、本サービスの提供全てあるいは一部を停止することがあります。
(1)システムの定期保守および緊急保守のために必要な場合
(2)システムに負荷が集中した場合
(3)火災、停電、第三者による妨害行為などによりシステムの運用が困難になった場合
(4)その他、止むを得ずシステムの停止が必要と当団体が判断した場合

■サービスの変更・廃止について
当団体は、その判断によりサービスの全部または一部を事前の通知なく、適宜変更・廃止できるものとします。

■免責について
1. 通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他当団体のサービスに関して相談員に生じた損害について、当団体は一切責任を負わないものとします。
2. 当団体は、当団体のウェブページ・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピュータ・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証いたしません。
3. 相談員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当団体は一切責任を負いません。

■本規約の改定について
当団体は、本規約を任意に改定できるものとし、また、当団体において本規約を補充する規約(以下「補充規約」といいます)を定めることができます。本規約の改定または補充は、改定後の本規約または補充規約を当団体所定のサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。この場合、相談員は、改定後の規約および補充規約に従うものと致します。

■準拠法、管轄裁判所について
本規約に関して紛争が生じた場合、当団体本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

上記をご確認の上、ご同意いただける方は、お申し込みボタンを押してください。

Top